Herbstick Relax 購入

ploom tech を 2 週間ほど続けるも、どうもダメ。ダメな理由は、吸い始めはよいのだけれど、だんだんキック感が薄れてきて、しまいには何回も何回も吸ってしまうところ。すると煙が出なくなるので、リキッドを注入するのですが、注入すると煙は出るようになるけどキック感がないのでいくらでも吸ってしまう。

たばこカプセルを取り替えればよい話なのですが、そうすると、たばこ代が格段に上ってしまう。一日一カプセルを目指すとなると、結局吸う回数を減らすしかなく、もともと薄いキック感なので、どうにも不満が高まってしまうと。

プルームテックにした一番の理由は一体なんなのか自分でもよくわからなくなってきたのですが、だいぶ本数を減らしたとはいえ、月 1 万円ぐらいかかっていたたばこ代を少しでも減らせるのでは・・・という期待があったからなのですが、目論見外れて高騰してしまうと。

何か良い方法はないものかと調べてみたら、iQOS 互換の機械が結構出回っていて、普通の紙巻きたばこでも使え、しかも、紙巻きたばこを切って使えば一本で 5 回とか吸えるそうで、うまくいくとたばこ代が 1/5 で済んでしまう予感が・・・

そんなことで、Herbstick Relax を試してみました。セッティングをいろいろ変えてようやく良い方法が見えてきた感じと沼に入り込んだ感じと微妙です。

まず、たばこの葉ですが、多く入れることを想定した作りになっていますが、少なくても構わないと思います。理由は、多く入れても全部は燻されないので、無駄になってしまうからです。私の場合、1 本を 5-6 回使用しています。燻されるのはたばこの葉が金属に触れている部分なので、少ないと空洞ができてうまく燻されません。そこで、たばこの葉を詰めたら、その上にティッシュを詰めて蓋をするとたばこの葉が金属の部分に触れてうまく燻されます。使用後の葉を見て、色がこんがりしていればうまく燻されたことになります。使用後の葉を見て、葉の量を調整するといいと思います。

次に温度ですが、ティッシュ上げ底する前は、max 225 度にしていましたが、ティッシュ上げ底したら、しっかり燻されるので味が辛い&短時間で終わってしまうようになりました。そこで、180 度ぐらいにするといい感じで燻されるようで、味も長持ちします。温度は今後またいろいろいじって最適値を探して見たいと思います。

リキッドですが、時間があるときは 2 適ほど垂らしています。そうした方が煙がよく出て火をつけるたばこに近い感じになりいいです。垂らさなくてもそれなりにキック感があるので出勤前の一服では時間もないのでそのままです。

というわけで、たばこ代が大きく下がりそうということで、よかったよかった。しばらく使ってまた変わっちゃうかもですが。

 

グラフを描くには・・・

iOS でグラフを描くにはどうするか。

ライブラリを使うには CorePlot の評判がよいので試してみたところ、うまいことインストールできない。技量が足りないと言われればその通りと言わざるを得ないものの、ライブラリのアップデートに自動では対応できないということもあり、将来共に大丈夫かと問われれば、?としか言いようがない。

標準のライブラリで対応しようとすると UIBezierPath を使うのがよさそうだけれども、うーん、うまくいくのかなぁ。

ちょっと試してみよう。

App: Wild Bird Field Note

バードウオッチングをすると観察できた野鳥を記録します。フィールドノートと呼びますが、手書きのメモ帳を使用していましたが何かと不便なことが多く、特に不便なのが無くしてしまうことだったりします。そういう時は別の紙に書いたりするのですが、資料の整理が悪いので分散してしまい集約できず困ったことに・・・

スマホのアプリにできればこういうことは解消できると考えてアプリを作りました。

フィールドノートって便利なんですよ。例えば週末どこに行こうかなぁ〜と考えた時に、参照して去年はこんなのが来てたのかぁとか、あそこに行けば今の時期はこれが見れるかなみたいなプランニングの際に便利なんです。

自分のフィールドノートの他に、他の人のメモも参照できたりすると、もっと便利なので、将来はフィールドノートを共有できるように考えています。

バードウオッチング人口がどれくらいなのかわかりませんが、専門誌も少ないことからそれほど多くは期待できないような気がしますが、一度身につけると一生楽しめる趣味なので、長く付き合うことを考えると、このアプリはとても有用だろうと思います。

近日 AppStore にリリースするので、よろしければぜひ使ってください。

フェリーで北海道に帰省

フェリーで北海道に帰省していました。出発直前に嫁が行かない宣言をして、子供二人連れて 3 人で帰省することに・・・

上の子は 4 年生ですが、意外と大人になっていて、下の子をちゃんとお風呂に入れてくれました。その他いろいろ手伝ってくれて助かりました。あとは整理整頓を覚えて欲しいところですが、そこは母親譲りのところがあり、学習できないので時間がかかるだろうと思います。

嫁は帰省中、部屋を綺麗にすると言っていたけれども、全然綺麗になっていなかったので、ほんとダメだなと思いました、というか、病気なんだろうと思いました。

フェリーの旅はいつもいいですね。ゆったりしていて。お酒を買って乗れば、すごく快適です。今回は一等の部屋をとりました。帰りは二段ベットで子供達は大喜び。下の子は、起きたら頭が反対になっていることもあるので、心配だったのですが、寝る直l前になって下で寝ると言ってくれたので良かったです。

今度、夜明けの写真を撮りたいと思いました。

Ploom Tech を使って一週間

Ploom Tech を使って一週間が経ちました。どんなものか試してみたくて、東京販売を機に買おうとしたところ予約しないと買えないとか、どこ行っても売っていなくてとにかく買えない。調べてみたところ互換バッテリーがありたばこカプセルだけ買えばよいらしいとのことで、Amazon で互換バッテリーを買いました。正規品は ¥4,000 もするのですが、たったの ¥1,000 でびっくり価格でした。バッテリーが届いても、たばこカプセルが買えない。千葉県には売っていないのですね。已を得ず月曜日に東京で買いました。ようやく買えました。

ドキドキしながら吸ってみたら、初めは結構味がする、あ、いいかなと思ったけれども、3 回ぐらい吸うともう味がない。本物に比べて軽いですね。その後、紙巻きタバコも試してみたら、くらくらしなかったので、それなりにニコチンは取れている感じなのか。

一週間経って、全然その気が無かったのだけど、禁煙できそうに思いました。黄色のカプセルはなんだか美味くないので、緑か紫が良い感じ。あと、吸っていると煙が出なくなるので、リキッドをアキバで買ってきて継ぎ足すことで、1日一カプセルでいけるかもしれないと思いました。

ランニングコストを考えてみます。Ploom Tech のたばこは 5 カプセル入っているので、1日一カプセルにすれば、6 箱買えば良いことになります。リキッドも買うとしてこれは ¥1,000 ぐらいなので、合計一ヶ月で ¥4,000 になります。

紙巻きタバコの場合、だいたい一日 7 本ぐらい吸っているので、3 日で 1 箱、一ヶ月で 10 箱になり、計 ¥5,000 です。なので、大して変わらないけど、小遣い少ないので、ま、いいか。

リキッドを使えば煙が再生できるのが大きい。できればたばこカプセルも再生あるいは自作したいところですが、難しい感じですね。ちなみに紙巻きタバコはまんま入るので、そこに仕込めば良いのでは・・・と思いましたが、味がするか疑問です。

土日はジョギングしていますが、Ploom Tech にしたら、呼吸が楽になり深く吸えるようになった気がします。いつも、3 回吸って 3 回吐く感じが、4 回吸って 4 回吐くのが可能に・・・以前はこうだったんだよな・・ついでに歯についたヤニも取れると良いのですが・・・

禁煙しようと全く思っていなかったけれども、いつのまにか禁煙になっているのが、嬉しいような悲しいような複雑な心境・・・(ずいぶん長いことたばこ吸っていたので、未練があってやめられないのです)。もう少し続けてみよう。

UIAlertController に入力フィールドをつける、textField.delegate = self で警告・・・

UIAlertController に入力フィールドをつける方法がわからなくて調べたところ、わかりました。UIAlertController のインスタンスを生成し、

    [alertController addTextFieldWithConfigurationHandler:^(UITextField* textField)

のような感じでした。簡単ですね。

次に、入力された値を取り出すのはどうするのかよくわからなかったんだけれども、textField を作成した時に、delegate を設定してやればよいと。

textField.delegate = self;

のような形です。これで特に問題ないのですが、Xcode のエディタに黄色の三角が出て、Assigning どーのこーのと、ちょっと嫌な感じ。textField 使うといつも出るんだよな・・・と思いつつ、警告はない方がいいのでよい方法はないかと調べたところ、Stack overflow を中心に、ヘッダファイルにプロトコルを追加すればいいんだよ、<UITextFieldDelegate> だよ、みたいな回答がありました。

ほぅほぅ、簡単ですな、とやってみましたが改善しません。なぜでしょう・・・

正しいやり方わかりません。やむを得ず魔法を使うことにしました。

textField.delegate = (id)self;

これで警告は出ません。

mapView に pin を刺して、タップしたら情報出すのって難しいね。

mapView に単に pin を打つのはそう難しいことではない。ネットで検索するとわかりやすい記事が出てくるので、詳細はそちらで。

また、pin にカレットを表示することや、カレットに info ボタンを表示することも同じくすぐ出来るでしょう。

問題はその先で、カレットに表示した info ボタンをタップした時に、カレットに detail を表示する方法がさっぱりわかりません。色々試しましたが未だにわかりません。view を segue で切り替えるような動きなら出来るけれども、カレット内の表示を切り替えようとすると途端にわからなくなる。

今回はよく考えてみたら、初期表示では pin のみ、pin をタップしたら詳細を表示、info ボタンをさらに押すのは操作が面倒になることを懸念しやめることにしたので、ま、いいか。この動きを実現するには、以下の記事が参考になりました。

stackoverflow.com