読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

info.plist と NSUserDefaults

アプリ内のちょっとしたデータを保存するのに、CoreData に保存するほどでもないんだよなーということがあって、具体的には、観察地を入力する時のデフォルト地点を、前回の場所にしておきたかったんですね、毎回場所を変えてバードウオッチングする人は稀で、普段はホームグラウンドとしている地点を探鳥し、たまに遠征するだろう、自分みたいにと思って。

そんな時、NSUserDefault を使うとすごく便利なんですが、info.plist に思い違いをしていて、軽くハマりました。値の取り出しまではすんなり、というか、久しぶりだったので、こんなにめんどくさかったんだと思いながら作っていましたが、さて、値を更新しようとして、やり方がさっぱりわからず・・・それもそのはずで、初期値の設定は手動で、読み出しのみというのが info.plist の役割なので、更新できたら逆に困るというもの。

以前買った古い本を引っ張り出してきて、あ、NSUserDefault だったとようやく気付いた次第です。

info.plist ですが、使いにくいことの一つに、値を取り出す時に指定する key が見えているまんまなのか、接頭語を付けるのかわからない点があります。

Xcode で、info.plist を選んで、右クリックすると、コンテキストメニューには Show Raw Key/Value というメニューが見えるので、それを選ぶとプログラミング時に指定する実際の key が見えます。大抵、頭に CFBundle などの文字を付けてやることになりますが、知らないと、指定がうまくいかずハマりが深くなるので、知っていると便利ですね。

なお、info.plist に開発者が key を追加した場合、プログラムで指定する key は接頭語を必要とせず、マンマで大丈夫です。でも、付けようとする名前が予約されていると混乱の元になりますから、my とか、oreore とか、何らかの自分を主張する接頭語を自身でつけてやるのが良いんでしょうね。